ライトボディワークファイブとは


経穴(つぼ)を通し、5大元素や「いつくしみ」のエネルギーを体内へ送る新しいエネルギーワークの技術です。
ワークファイブ Work fiveとは5大元素を作用させ身体を活性させるという意味です。

5大元素とは、
人の身体は、この5大元素により形作られています。

自然の中で育つ穀物や野菜、果物もすべて、大本は5大元素です。
太陽の光(空と火)、水、土壌、風の要素が混ざり合い形作られています。
私たちはそれらを食べて肉体を形成していくため元をたどれば5大元素がベースとなり、肉体が形作られていることが分かります。


素粒子の存在

5大元素をさらに細かく見ていくと素粒子により構成されていることが分かります。素粒子は宇宙に存在する最小単位のエネルギーです。パンの原材料が小麦粉であるように5大元素を構成している素の材料は素粒子です。

ライトボディワークファイブでは素粒子の状態でエネルギーを受け取り、それを5大元素や「いつくしみ」のエネルギーに変換します。素粒子の微細かつ流動性に満ちた特質は効果的に身体や感情の癒しに作用していきます。


ライトボディワークファイブの作用

身体には硬くなる部分がありますがそれらは加齢や日々の肉体的作業、また日常の中で抱く考えや感じている事などが大きく影響を与えます。ライトボディワークファイブは身体の硬くなったところを緩め、整えていく作用もありますが更なる特質として、例えば内臓の領域にある感情のエネルギー、固い塊のようになっている意識により作り出したエネルギーを溶かしていく作用もあるのです。

このような作用を産み出すため、ライトボディワークファイブでは最小単位の細かいエネルギーである素粒子をベースの素材として扱っています。